看護師夫婦 妻が患者になりまして

看護師として、難病患者として、ライターとして、いいこと思い付いたら書くブログ♪

先週の外来の結果

2月に40℃の熱を出したときに少量の下血がありました。

3~4月にかけて胃カメラ大腸内視鏡、カプセル内視鏡をした結果、

小腸に中程度の潰瘍が散在していました。

ベーチェット病では、小腸に近い大腸の端に

潰瘍ができることが多いですが、

私のような人も少なくないそうです。

それまではコルヒチン1.5mgで治療していましたが、

5月からレミケードを開始して、コルヒチンを1.0mgに減量しました。

 

レミケードの3回目が終わり、初めての外来。

血液検査はしませんでしたが、

口内炎や皮膚症状、下血などの症状がみられないので、

コルヒチンを中止しました!

 

目標は妊娠できるくらい症状を押さえること。

10月に再検査をして、潰瘍がよくなっていたら

妊娠中でも使えるステロイドに切り替えられるかもしれません。

もし難しくても、レミケードと同じ効果で

胎児への影響が少ないヒュミラも選択肢としてあるそうです。

 

結婚している20代後半の女性にとって、

妊娠できるかは本当に大きな問題です。

30歳までにママになることが夢でしたが、

下血して叶えられなくなったときは、本当にショックでした。

今回の外来は未来がみえました!

2月から嫌なことばかりだったので、やっと光が見えてきて嬉しいです!

 
f:id:we-are-nurse:20170710212855j:image