看護師夫婦 妻が患者になりまして

看護師として、難病患者として、ライターとして、いいこと思い付いたら書くブログ♪

難病ライターの働き方

私は現在、ベーチェット病の治療をしながら、

ライターとして会社勤務をしています。

現在は週4日勤務のアルバイトですが、

体調を維持しながら週5日勤務の契約社員になれるよう、

家族、主治医、上司と試行錯誤しています。

働き始めた頃は40℃の熱で2週間以上休むことがありましたが、

今の働き方になってからは連続して休んでしまうほど

体調を崩すことはなくなりました。

 

在宅勤務を混ぜることで、出勤する日が続かないようにしています。

週の始めの月曜日と取材が多い水曜日、金曜日は出勤します。

火曜日は在宅勤務、木曜日はお休みで家で過ごします。

 

ライターは他の職業に比べて、難病患者でも仕事がしやすいです。

インターネットが普及したことで、在宅での勤務が可能です。

記事の執筆や入稿はパソコンで、他のライターや編集者との打ち合わせは、

電話やチャットで行っています。

出退勤の記録の代わりに、上司に電話またはメールをして時間を記録します。

また、書いた記事として成果物がみえることもメリットです。

 

ライターは職人なので、高い専門性が求められます。

在宅勤務しながら、常にスキルアップすることができる。

難病患者であっても努力次第で、引けを取らない仕事ができる職業です。

 
f:id:we-are-nurse:20170706192204j:image